必携本

IMG_7210

社寺の現場に携わる方であれば、目にしたことがあるだろうこの三冊。必携本と言っても良いのではないでしょうか。
所長も「これは教科書だからね」と、よく言っています。

僕のちょっとした質問の答えとしてよく返ってくるのが「大切なのはバランス。見て、測って、書き起こして、それを繰り返して自分が良いと思うバランスを見つけることだね。」

教科書を頭に入れてやっとスタートラインということでしょう。
手元にある社寺建築の工法が第37刷であることに少し驚き。思っていたよりも重版されているんだなと。

staff kato

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です